第13回コミュニケーション・アゴラ「自由はどこまで必要か」を7月22日(日)に開催いたします

哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第13回)を開催いたします。
希望者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひおこしください。
参加を希望される方は、
前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールをお願いいたします。

●テーマ:「自由はどこまで必要か」
●レクチャー:「自由とは何か:政治哲学の議論から」(担当:島内明文氏)

●日時:7月22日(日) 15:30~17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能です)

●場所:喫茶室ルノアール巣鴨駅前店マイスペース 2号室
     東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル2階
     電話番号:03-3942-9349
 http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2104

●参加者へのお願い

  (1)みなさんより、「自由」について様々なエピソードをお話しいただき、
     「自由はどこまで必要なのか」について話しあいます。事前に少し考えてきてください。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
    ミニ講義をいただく予定です。内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。
    ※お時間の許す方は懇親会(18:00~予定)もご参加ください。(当日、出欠をとります)

●主催者からのメッセージ

「他人に迷惑をかけなければ何をしてもよい」、自己責任と自己決定というかたちで、
自由を賛美する議論があふれています。その一方で、
大阪府知事の橋下徹さんの言動が、(思想・信条や行動の)自由をめぐって、話題になっています。
教職員は入学式・卒業式で国歌を斉唱する義務がある、公務員は刺青をしてはならない、
これらに違反すれば懲戒の事由になる。自由があふれているところでは、
まさにこの過剰な自由への(漠然とした)不安から、自由を制限しようとする風潮もまた生まれてきます。
自由は、私たちの社会の基本的な価値であり、尊重しなければなりません。
とはいえ、そもそも、どのような状態が自由であり、また、どのような自由がどこまで必要なのでしょうか。
言い換えると、どのような場合に、どのような理由にもとづいて、個人の自由を制限してよいのでしょうか。
今回のコミュニケーション・アゴラでは、自由をめぐる倫理学・政治哲学の議論を紹介したうえで、
自由に生きるということについて、また、自由な生き方を可能にする社会のあり方について、
皆さんとお話ししたいと思います。
(哲学カフェ「コミュニケーション・アゴラ」:島内明文)

「1320120623.pptx」をダウンロード

第12回コミュニケーション・アゴラ「感情は抑えるべきか、表現するべきか」を6月24日(日)に開催いたします

●哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第12回)を開催いたします。 希望者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひおこしください。参加を希望される方は、前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールをお願いいたします。

●日時:6月24日(日) 15:30~17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能です)

●テーマ:「感情は抑えるべきか、表現するべきか」

●場所: 喫茶室ルノアール 四谷店マイ・スペース3階C
      東京都新宿区四谷1-3-22(JR四谷駅四谷口より徒歩2分新みち通り入口すぐ左)
      電話番号:03-3351-1052
http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2085

●参加者へのお願い
  (1)みなさんより、「感情を抑えたり、表現したりしたことで人間関係に影響があった経験」について様々なエピソードをお話しいただき、「感情」について話しあいます。事前に少し考えてきてください。
  (2)当日、若手倫理学者の方より、ミニ講義をいただく予定です。
    内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。
    ※お時間の許す方は懇親会(18:00~予定)もご参加ください。(当日、出欠をとります)

■主催者からのメッセージ

 わたしたちの日々の行動の背景には、動機や意図があります。
動機や意図は、感情にかかわるものです。頭(理屈)では理解していても行動にふみきれない、
こういう事例からも、行動とそれを引き起こす感情には、密接な関係があることが分かります。
 また、「感情的になってはならない」と言われることがあります。その一方で、「豊かな感情(感受性)を育もう」
とか、「人情の機微を解さない」とも言われます。
 はたして、感情は、抑えるべきものでしょうか、
それとも積極的に表現したり理解するよう努めるべきなのでしょうか。
 今回のコミュニケーション・アゴラでは、感情(情念)をめぐる哲学の議論をご紹介したうえで、
感情という問題がどのような広がりをもつのか、皆さんとお話できればと思います。
レクチャーは若手の哲学・倫理学研究者が担当します。

(哲学カフェ「コミュニケーション・アゴラ」:島内明文)

「1220120624.pptx」をダウンロード

第11回コミュニケーション・アゴラ 「市場と倫理について考える(1)」を5月27日(日)に開催いたします

哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第11回)を開催いたします。
希望者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひおこしください。参加を希望される方は、
前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールをお願いいたします。

●日時:5月27日(日)15:30~17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能です)

●テーマ:「市場と倫理について考える(1)」

●場所: 喫茶室ルノアール巣鴨駅前店マイスペース 2号室
      東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル2階
      電話番号:03-3942-9349
http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2104

●参加者へのお願い
  (1)みなさんより、「お金で買えるもの、買えないもの」について様々なエピソードをお話しいただき、
そこから「市場の倫理」について考えます。ぜひ考えてきてください。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
     市場について問題提起をいただき、
     鈴木康治さん(早稲田大学講師)より「市場とその外部」についてミニ講義をいただく予定です。
     内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。
    ※お時間の許す方は懇親会(18:00~予定)もご参加ください(当日、出欠をとります)。

■主催者からのメッセージ

・同情するなら金をくれ。地獄の沙汰も金次第。
 何もかもが「お金」で決まる世の中になりつつあるように感じることがよくあります。
 商業化、市場化、アメリカニズム、いろいろな呼び方はありますが、
 お金で買えるもの/買えないものの区別は、どこまで有効なのでしょうか
 (あるいはこの区別を完全になくすことはできるのでしょうか)。
・この「市場の道徳的限界(moral limits of markets)」という問題を、
 マイケル・サンデル教授の最新作も正面から論じています
 (『それをお金で買いますか:市場主義の限界』早川書房、2012年5月刊行予定)。
 「コミュニケーション・アゴラ」でも、何回かのシリーズで、
 お金・市場・経済の問題を様々な角度から考えていく予定です。
 今回はその第一弾として、環境問題にみられるような市場における外部不経済、
 ソーシャル・キャピタルをテーマに取り上げます。
 そして、経済思想の若手研究者もスピーカーにお招きして、皆さんとお話できればと思います。

東京大学大学院医学系研究科特任講師・島内明文(専門:倫理学)


「1120120120430.pptx」をダウンロード

第10回コミュニケーション・アゴラ 「常識とはどのようなものか」を4月30日(日)に開催いたします

3月11日(第9回)もたいへん中身の濃いディスカッションを行うことができました。
引き続き、哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第10回)を開催いたします。 
希望者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひおこしください。参加を希望される方は、前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールをお願いいたします。

●日時:4月30日(月・振替休日) 15:30~17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能です)

●テーマ:「常識とはどのようなものか」

●場所: 喫茶室ルノアール巣鴨駅前店マイスペース 2号室
      東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル2階
      電話番号:03-3942-9349
http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys104.htm

●参加者へのお願い
  (1)当日、「常識とは何か」について様々なエピソードをお話しいただき、   
    そこから「常識」について考えます。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
    「常識を疑うこと」についてミニご講義いただく予定です。
    内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。
    ※お時間の許す方は懇親会(18:00~予定)もご参加ください。(当日、出欠をとります)

■主催者からのメッセージ

世の中で誰もが当然だと思っていること、すなわち「常識」とは何でしょうか。
「原発は安全だ」とか、「民間企業は厳しい競争にさらされているのに
公務員は甘やかされている」とか、当たり前のように語られていることの多くが、
実は嘘だったり、具体的な数字やデータの裏付けを伴わない印象論にすぎないことがよくあります。
もちろん、人が生きていくうえで、経験則なども含めて様々な「常識」に頼らざるを得ないことも事実です。
今回のコミュニケーション・アゴラでは、常識とは何かということをテーマに取り上げ、
常識を疑ってみることの面白さ、信頼できる常識とそうではないものとの見分け方などについて、
皆さんとお話ししたいと思います。

東京大学大学院医学系研究科特任講師・島内明文(専門:倫理学)


「1020120120430.pptx」をダウンロード

第9回 コミュニケーション・アゴラ「東日本大震災から一年」 を3月11日に開催します

第9回 コミュニケーション・アゴラ「東日本大震災から一年」 (共催:第41回 社会哲学研究会)
を開催いたします。

東日本大震災から1年。哲学・倫理学の立場から、また、個人として感じていることを率直に話し、
考えを深めていきたいと思います。ご参加を希望される方は、メールで前日までに、
<communication.agora@gmail.com>までご連絡ください。
ぜひ、ご参加のほど、お願いいたします。


■テーマ「東日本大震災から一年」

■日時:3月11日(日) 集合14:20(開始14:30~17:30)
※会場の都合上、建物の前に集合して入ります。14:20までにお集まりください。
※時間に遅れられる場合は、090-1467-6705(佐々木)までお電話ください。ご案内いたします。

■場所:東京大学医学部1号館3階セミナー室S317
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_02_j.html
※18:00-20:30にて懇親会を行います。(希望者のみですので、お時間が許せばご参加ください)

■プログラム(予定)
・第一部:レクチャー「東日本大震災について哲学・倫理学の研究者は何が言えるのか」(60分)
島内明文「戦後から災後へ:日本社会の転換」ほかレクチャー2つ

・第二部:グループワーク「東日本大震災後の社会を生きるために」(120分)
震災後の社会・個人の在り方を考える上でのキーワードについて参加者でフリートークをします。

主催者からのメッセージ
2011年3月11日14時46分、東日本大震災が起こってから、社会が変わりつつあります。
『「僕のお父さんは東電の社員です」:小中学生たちの白熱議論!
3・11と働くことの意味』(現代書館、2011年)では、一人の小学生の問いかけに、同世代の子どもたちが率直に反応しました。また、東京新聞(2011年12月14日)には、「上手に原発の利用を」という女子高生の投書が掲載され、反響を呼びました。
今回の震災について、事前の対策、事後の対応をめぐり、様々な議論がなされています。この震災を風化・忘却させないためには、天災か人災か、復興財源、原発事故の収束、今後のエネルギー政策、それぞれの争点について、立場の違いはあるにせよ、国民的な議論が繰り広げられることが、何より重要です。
1923年の関東大震災は、のちに日本が進路を誤る一つのきっかけとなりました。これとは対照的に、東日本大震災を通じて、国民の「絆」、「コミュニティ」の可能性、相互扶助や「連帯」の精神など、まだ萌芽ではありますが、新しい社会の形が見えつつあります。直接・最大の被災地・東北から離れた東京という場所で、今回の震災体験をそれぞれの言葉で表現して、しっかりと受け止めると同時に、新しい社会とそれを支える個人の在り方について皆さんとお話しすること、これが第9回「コミュニケーション・アゴラ」の目的です。

第8回 コミュニケーション・アゴラ2月19日(日)開催!「他人に共感するとはどのようなことか」

□■
哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第8回)を開催いたします。
希望者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひおこしください。
参加を希望される方は、
前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールくださるか、
下記までお電話をお願いします。

●日時:2月19日(日) 15:30~17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能。佐々木携帯090-1467-6705)
●テーマ:「他人に共感するとはどのようなことか」
●場所: 喫茶室ルノアールニュー新宿3丁目店マイスペース 2号室
      東京都新宿区新宿3-4-1 東新宿ビル地下2階
      電話番号:03-3355-1299
      http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys121.htm
     
●参加者へのお願い
  (1)当日、「他人に共感すること」「こんなときに共感した」様々なエピソード
をお話しいただき、そこから「共感するとはどういうことか」を考えます。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
「共感の可能性と限界」についてミニご講義いただく予定です。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。
■この後、お時間の許す方は懇親会もご参加ください。(当日、出欠をとります)

主催者・島内明文さんよりメッセージ
東日本大震災以降、「がんばろう日本」という(それ自体としては正しく、
非の打ちどころのない)スローガンが飛び交っています。
しかし、私たちは、どこまで本当に被災者の立場になり、その思いを理解することがで
きるのでしょうか。
もう少し一般的な言い方をすれば、相手の立場になることや、弱者の気持ちを代弁(表
現)することは、(そもそも)いかにして可能なのでしょうか。
今回は、「他人に共感するとはどのようなことか」をテーマに取り上げ、
現代社会の抱える様々な問題も視野に入れつつ、参加者の皆さんとお話できればと思っ
ています.

12月10日のアゴラについて

たびたび申し訳ありません。主催者の都合により、延期させていただきます。2012年度に延期分は開催する予定にしておりますので、その際はご参加お願いします。参加のご希望者には、個別にご連絡をさしあげます。

哲学カフェ・コミュニケーション・アゴラ 第8回 12月10日(土)新宿にて開催!

哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第8回)を開催いたします。 

希望者は哲学の知識有無に関わらず、どなたでもご参加いただけますので、
ぜひおこしください。当日は楽しく、ディスカッションできる場をつくります。
参加を希望される方は、前日までに
communication.agora@gmail.comにメールくださるか、下記までお電話をお願いします。

●日時:12月10日(土) 15:30~ 17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能。佐々木携帯090-1467-6705)

●テーマ:「 2011年をふりかえる」

●場所:喫茶室ルノアール新宿区役所横店マイスペース3号室
http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys006.htm

 ・住所:東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル2階
 ・電話番号: 03-3209-6175
 
●参加者へのお願い
  (1) 2011年をふりかえって、社会やご自身におきた様々なエピソードをお話しいただき、そこか 
    ら今年1年の「気づき」を話しあいます。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
    「現代社会を読み解くキーワード」についてミニご講義いただく予定です。
    内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。

■この後、お時間の許す方は懇親会もご参加ください。(当日、出欠をとります)

この告知のビラです。
「agora9.pptx」をダウンロード

!11月19日中止のお詫びとお知らせ!


11月19日のコミュニケーション・アゴラは、主催者の都合で中止させていただきます。申し込まれた方には個別にもご連絡を差し上げます。申し訳ごさいません。

次回は12月10日(土)に開催の予定です。
1年をふりかえって語りたいと思いますので
ご参加のほど、お願いいたします。

哲学カフェ・コミュニケーション・アゴラ 第8回 11月19日(土)新宿にて開催

哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第8回)を開催いたします。 

希望者は哲学の知識有無に関わらず、どなたでもご参加いただけますので、
ぜひおこしください。参加を希望される方は、前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールくださるか、下記までお電話をお願いします。

●日時:11月19日(土) 15:30~ 17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能。佐々木携帯090-1467-6705)

●テーマ:「他人に共感するとはどのようなことか」

●場所:喫茶室ルノアール新宿区役所横店マイスペース4号室
http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys006.htm
  ・住所:東京都新宿区歌舞伎町1-3-5 相模ビル2階
  ・電話番号: 03-3209-6175
 
●参加者へのお願い
  (1)当日、「他人に共感すること」「こんなときに共感した」様々なエピソードをお話しいただき、   
   そこから「共感するとはどういうことか」を考えます。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
    「共感の可能性と限界」についてミニご講義いただく予定です。
    内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。

■この後、お時間の許す方は懇親会もご参加ください。(当日、出欠をとります)

■この告知のビラです。


「agora8.pptx」をダウンロード

«哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ 第7回終了!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック