« 第12回コミュニケーション・アゴラ「感情は抑えるべきか、表現するべきか」を6月24日(日)に開催いたします | トップページ

第13回コミュニケーション・アゴラ「自由はどこまで必要か」を7月22日(日)に開催いたします

哲学カフェ コミュニケーション・アゴラ(第13回)を開催いたします。
希望者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひおこしください。
参加を希望される方は、
前日までにcommunication.agora@gmail.comにメールをお願いいたします。

●テーマ:「自由はどこまで必要か」
●レクチャー:「自由とは何か:政治哲学の議論から」(担当:島内明文氏)

●日時:7月22日(日) 15:30~17:30 (懇親会 18:00~20:00)
     (途中参加も可能です)

●場所:喫茶室ルノアール巣鴨駅前店マイスペース 2号室
     東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル2階
     電話番号:03-3942-9349
 http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2104

●参加者へのお願い

  (1)みなさんより、「自由」について様々なエピソードをお話しいただき、
     「自由はどこまで必要なのか」について話しあいます。事前に少し考えてきてください。
  (2)当日、島内明文さん(東京大学大学院医学系研究科特任講師、専門:倫理学)より
    ミニ講義をいただく予定です。内容はこの場限りの秘密としてください。
  (3)当日、ワンドリンクのオーダーをお願いいたします。
    ※お時間の許す方は懇親会(18:00~予定)もご参加ください。(当日、出欠をとります)

●主催者からのメッセージ

「他人に迷惑をかけなければ何をしてもよい」、自己責任と自己決定というかたちで、
自由を賛美する議論があふれています。その一方で、
大阪府知事の橋下徹さんの言動が、(思想・信条や行動の)自由をめぐって、話題になっています。
教職員は入学式・卒業式で国歌を斉唱する義務がある、公務員は刺青をしてはならない、
これらに違反すれば懲戒の事由になる。自由があふれているところでは、
まさにこの過剰な自由への(漠然とした)不安から、自由を制限しようとする風潮もまた生まれてきます。
自由は、私たちの社会の基本的な価値であり、尊重しなければなりません。
とはいえ、そもそも、どのような状態が自由であり、また、どのような自由がどこまで必要なのでしょうか。
言い換えると、どのような場合に、どのような理由にもとづいて、個人の自由を制限してよいのでしょうか。
今回のコミュニケーション・アゴラでは、自由をめぐる倫理学・政治哲学の議論を紹介したうえで、
自由に生きるということについて、また、自由な生き方を可能にする社会のあり方について、
皆さんとお話ししたいと思います。
(哲学カフェ「コミュニケーション・アゴラ」:島内明文)

「1320120623.pptx」をダウンロード

« 第12回コミュニケーション・アゴラ「感情は抑えるべきか、表現するべきか」を6月24日(日)に開催いたします | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62986/55033901

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回コミュニケーション・アゴラ「自由はどこまで必要か」を7月22日(日)に開催いたします:

« 第12回コミュニケーション・アゴラ「感情は抑えるべきか、表現するべきか」を6月24日(日)に開催いたします | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック